岩木山麓のおいしいりんごを販売します。
ご利用案内
  お知らせ:
  • りんごジュースが完売しました。ありがとうございました。次は9月のつがるのジュースまでお待ちください。 (2017/4/25)
  • まことに勝手ながら諸事情により価格を少し値上げしました。今年もよろしくお願いします。 (2017/2/1)
お支払い、発送などについて
商品・注文
裏メニュー 農園NOW(2016.12.11)

去年剪定したりんごの枝は薪として我が家の暖房に使われます。
注文はこちらから
おぐら農園について
一年の作業とおぐら農園のこだわり
お問い合わせ
管理人へメール
■特定商取引法に基づく表記
facebookのページ
過去のコンテンツ

2016 園主より


岩木山麓の二ヶ所合わせて1haの畑でりんごを栽培しています。
先日は畑でカモシカに遭遇、近所では熊の目撃情報が相次いでいたり動物の気配が濃い場所に住んでいます。また、去年冬から我が家には猫が住み着き畑のネズミ被害を減らしてくれることを期待しています。
さらに今年からニホンミツバチの飼育を始めました。ニホンミツバチはりんごの受粉の助けになるし、りんごで使っている農薬の安全・安心の目安にもなると思い導入しました。「炭鉱のカナリヤ」のようなものです。畑から30mの場所に巣箱を置いていますが今のところ順調に巣が拡大しています。
さて、今年のりんごですが去年に引き続き開花は早く豊作かと思いきやその後肥大も伸び悩み収量は平年並みと予想しています。
今後ともどうぞよろしくお願いします!

見た目より味を追求します!


大きくて見た目のいいりんごがおいしいりんごとは限りません。
本当においしいりんごは枝が老熟し、収穫期に紅葉が始まるような樹に成ります。
そういったりんごは無理に葉を取らなくても色付きが良く、実が締まって味が濃厚です。
特に北斗では味の差が顕著に現れるのですが、おいしい北斗が成る樹は衰えが激しく収量を維持するのが大変です。
その問題を解決すべく日々栽培技術を磨いています。
おぐら農園では味を第一に考え栽培します。


健康な土作りのために


健康な土作りのため除草剤は使いません。
草刈りも高く刈っているので土がふかふかで植生も多様化してきています。
また化学肥料は使わず土壌改良のため牛糞堆肥を基本として有機質を投入しています。

農薬の低減に取り組んでいます


経費節減と少しでも環境への負荷を減らすため農薬散布を減らす努力をしています。
成分回数は2016年で15成分でした。 青森県の慣行基準値は36成分ですので約58%の節減になります。特別栽培認証は取得していませんが基準値50%はクリアしています。 散布量も県標準の1反当り350l〜500lより減らし250l〜375lの散布量です。 過去3年の防除暦は以下のファイルのとおりです。
防除暦boujyo2014.xlsx
防除暦boujyo2015.xlsx
防除暦boujyo2016.xlsx
農薬についてのポリシーはここをご覧ください。

おぐら農園の場所


当園は岩木山麓に位置し、高岡に1ヶ所、大森に1ヶ所りんご園があります。
標高はすべて160m〜190mの高い場所のため冷涼で、また火山灰土で土地は痩せているため平地より収量は落ちるものの実が締まったおいしいりんごが取れます。
現在大森の畑の小屋を改築してセルフビルドの小さな家を建設中。その様子はfacebookにてたまにアップしています。


エコファーマーに認定されました。


当園は2014年9月、青森県のエコファーマーの認証を取得しました。